初めての角栓ケアはオイル・ジェル・クリーム・ミルクどのタイプがおすすめですか?

 

ブツブツ・ザラザラといった毛穴の中にある角栓
悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

 

 

角栓ケアは女性だけでなく男性でも検討されている方が多く
効果の高いケア方法が気になると思います。

 

 

そんな角栓ケアの方法としてクレンジングはとても効果的となります。

 

 

しかしクレンジングはたくさんの商品はもちろん
オイルやミルク、ジェルなど様々なたタイプが販売されています。

 

 

この記事では角栓ケアに使用する際のおすすめの
クレンジングのタイプとメリット・デメリットについて解説させて頂きます。

 

角栓ケアに人気のクレンジングはどんなタイプがあるの?

 

 

ブツブツ・ザラザラといった角栓が気になる方
おすすめのケア方法としてクレンジングがあります。

 

 

クレンジングはメイクを落とすというイメージですが
最近では角栓ケアにもこだわった製品が数多くあります。

 

 

そのため角栓ケアに特化したクレンジングは女性だけでなく
男性の角栓ケアにも効果が期待できます。

 

 

そんなクレンジングは大きく分けて4つのタイプがあり
それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

クレンジングタイプ

  • オイル
  • ジェル
  • ミルク
  • クリーム

 

 

それでは角栓ケアという点に注目してそれぞれのクレンジングタイプの
メリット・デメリットをもう少し詳しく解説させて頂きます。

 

 

オイルタイプの角栓ケア効果と良い点・悪い点は?

 

 

ひとつ目にご紹介させて頂くのはクレンジングオイルです。

 

 

クレンジングオイルは薬局やドラッグストアでもたくさんの種類が販売され
お値段も2000円以下とお安く、購入頂く事ができます。

 

 

そんなクレンジングオイルのメリットは洗浄力と角栓ケア効果が高い事です。

 

 

すでにご存じの方も多いと思いますがお化粧は油を主成分として製造されているため
メイク落としにオイルタイプは最適となっています。

 

 

また角栓は皮脂とタンパク質が混じって酸化、固まった状態となるので
皮脂と馴染んで落とす角栓ケアの効果も非常に期待する事が出来ます。

 

 

特に角栓ケアにも注目して開発されたクレンジングオイルは頑固角栓はもちろん
毛穴に残った居残り角栓・隠れ角栓対策も行えます。

 

 

クレンジングオイルのメリット

  • 角栓やメイクをしっかりと落としてくれる洗浄力が高い

 

 

そんな洗浄力が高いクレンジングオイルですがデメリットもあります。

 

 

クレンジングオイルのデメリット

  • 洗浄力が高くてお肌の乾燥を招いてしまう
  • 角栓にも効果が高いがぽっかりと穴が開いた状態になる場合がある
  • クレンジングオイルは正しい商品を選ぶ必要がある

 

 

 

クレンジングオイルのデメリットのひとつ目はお肌の乾燥を招く事です。

 

 

クレンジングオイルを使用してお肌がつっぱたり、
乾燥が気になるといった経験をされた方も多いと思います。

 

 

それはクレンジングオイルはお肌に必要な皮脂まで落としてしまうので
乾燥や強いツッパリ感が出てしまうのです。

 

 

そしてクレンジングオイルで角栓ケアを行った場合、
毛穴パックを使ったような角栓穴が出来てしまう事があります。

 

 

もちろん角栓穴が開いてしまった状態でもスキンケアを正しく行えば
そこまで大きな問題にはなりません。

 

 

とはいえ、クレンジングオイルで角栓穴は目立ってしまう場合がある事は
しっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

最後のクレンジングオイルのデメリットは角栓ケアに合った
正しい商品を選ぶ必要がある事です。

 

 

クレンジングオイルは女性のほとんどが利用されている製品なので
濡れたままで使用できたり、ダブル洗顔不要といった
使いやすい商品がたくさん販売されています。

 

 

クレンジングオイルで角栓ケアを行う場合は
角栓対策がしっかり行える正しい商品選びがポイントとなります。

 

 

角栓ケアに有名なクレンジングオイルでは
ファンケルマイルドクレンジングオイルが有名となっています。

 

 

ジェルタイプの角栓ケア効果と良い点・悪い点は?

 

 

クレンジングでふたつ目にご紹介するのはジェルタイプです。

 

 

クレンジングジェルはオイルクレンジングのように高い洗浄力はありませんが
吸着力のあるジェルで角栓とメイクをしっかり落としてくれます。

 

 

またクレンジングジェルはオイルのように皮脂と馴染んで落とすのではなく
吸着して角栓除去してくれるのでぽっかりと穴が開く事も少なく
角栓ケアにはジェルタイプがぴったりとなっています。

 

 

クレンジングジェルのメリット

  • 吸着力のあるジェルで角栓とメイクを落としてくれる
  • オイルよりもお肌の負担が軽い
  • 角栓穴ができにくい

 

 

そんなクレンジングジェルのデメリットはふたつあります。

 

 

クレンジングジェルのデメリット

  • メイク落とし効果に不満が出る場合がある
  • お値段が他のタイプよりも高価になる場合が多い

 

 

クレンジングジェルのデメリットのひとつ目はメイク落としの効果です。

 

 

クレンジングジェルはもちろんメイク落としにもこだわっていますが
やはり洗浄力という点ではオイルタイプよりも劣ってしまいます。

 

 

そのため濃いメイクをされている方など
クレンジングジェルでは落ちないといった口コミなども見かけます。

 

 

そしてクレンジングジェルのデメリットのふたつ目は
お値段が他のタイプよりも高くなってしまう事です。

 

 

オイルタイプは高くても2000円程度が一般的となりますが
角栓ケアが期待できる人気のクレンジングジェルは通常価格が
3000円から4000円程度となっています。

 

 

クレンジングジェルは角栓ケア、メイク落とし、お肌への負担と
バランスがとても良いですがその分、お値段には注意が必要となります。

 

 

またクレンジングジェルは定期コースやお試し購入などを利用すると
2000円台で購入できるのでお得な購入方法もチェックしてください。

 

 

クレンジングジェルでの角栓ケアは1番おすすめとなっていますが
お値段と洗浄力についてはしっかりと理解しておいてください。

 

 

角栓ケアができるクレンジングジェルはフルリクリアゲルクレンズ、マナラホットクレンジングゲル、
リダーマラボモイストゲルクレンジングといった製品が人気です。

 

 

ミルクタイプの角栓ケア効果と良い点・悪い点は?

 

 

クレンジングの3つ目のタイプはミルクタイプです。

 

 

ミルクタイプのクレンジングは優しい洗浄力が特長となっており
乾燥肌や敏感肌の方に人気となっています。

 

 

クレンジングミルクは水とオイルがまじりあってすでに乳化した状態
お肌にのせてすぐにメイクオフを始める事が出来ます。

 

 

クレンジングミルクのメリット

  • お肌に優しくメイクを落とす事ができる
  • 乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめ

 

 

続いてクレンジングミルクのデメリットをふたつご紹介させて頂きます。

 

 

クレンジングミルクのデメリット

  • 角栓ケアに時間がかかってしまう
  • 洗浄力は弱くなってしまう

 

 

クレンジングミルクのデメリットのひとつ目は角栓ケアに時間がかかってしまう事です。

 

 

クレンジングオイルやジェルは使ってすぐにポロポロと角栓を落とす事ができますが
ミルクタイプはオイルやジェルほど角栓ケア効果は高くありません。

 

 

そのため角栓ケアをメインに検討されている方は
まずはジェルタイプから始めてみるのがおすすめとなります。

 

 

そしてクレンジングミルクのデメリットのふたつ目が洗浄力です。

 

 

クレンジングはお肌に優しい成分ほど洗浄力が低下する傾向にありますが
クレンジングミルクもメイク残りに注意が必要となります。

 

 

乾燥肌や敏感肌の方でクレンジングミルクを使用したとしても
メイク残りが原因で肌荒れやかぶれが出てしまっては元も子もありません。

 

 

そんなクレンジングミルク製品はカバーマークのトリートメントクレンジングミルク、
毛穴撫子重曹クレンジングミルクなどが人気です。

 

 

クリームタイプの角栓ケア効果と良い点・悪い点は?

 

 

クレンジングの種類の4つ目はクリームタイプです。

 

 

クリームタイプは乾燥肌の方におすすめとなっており
洗浄力と優しい成分が特長となっています。

 

 

クレンジングクリームはそれなりに洗浄力も高く、ミツロウなどの保湿成分も配合され
乾燥肌や敏感肌の方を中心に好評となっています。

 

 

クレンジングクリームのメリット

  • 洗浄力と優しい成分のバランスが良い
  • 乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめ

 

 

そんなクレンジングクリームのデメリットがひとつあります。

 

 

クレンジングクリームのデメリット

  • 角栓ケアに時間がかかってしまう

 

 

クレンジングクリームのデメリットは角栓ケアに
劇的な効果は期待しずらいという点になります。

 

 

お肌に優しいクレンジングはその分角栓ケアの効果も落ちてしまうので
これは仕方のない事だと思います。

 

 

クレンジングクリームは主に乾燥肌・敏感肌向けのスキンケアブランドなどで
販売されており私もお肌の状態が悪い時に使用してします。

 

 

ただ、クレンジングクリームは角栓ケアメインではなく
あくまでお肌の調子を整えるサポートに使用しています。

 

 

角栓ケアに効果が期待できるオイルやクレンジングがお肌に合わない場合は
クレンジングクリームを検討してみてください。

 

 

クレンジングクリームで有名なのは敏感肌スキンケアを開発している
ディセンシアシリーズのアヤナスやつつむなどが人気となっています。

 

 

角栓ケアは1回で終わらない!定期ケアがポイントです!

 

 

ここまで角栓ケアに使用する場合のクレンジングの種類について
解説させて頂きました。

 

 

クレンジングのタイプはオイル・ジェル・ミルク・クリームの
4種類が人気ですがそれぞれメリット・デメリットもあります。

 

 

そんな角栓ケアは効果の高いクレンジングを使用したとしても
1度で終わりではなく定期的にケアを継続する必要があります。

 

 

角栓の原因となる皮脂や古い角質は汗や涙、ムダ毛などと同じく
お肌に必ず備わっている保護の機能のひとつとなっています。

 

 

そのため角栓ケアは定期的にケアを継続する必要があるのです。

 

 

女性の場合は1週間に1度程度のケアでも問題ないと思いますが
男性の場合は女性よりも皮脂の量が多いため3日に1度程度は
角栓ケアにクレンジングを使用するのが良いと思います。

 

 

また、私のように面倒くさがりで2週間ほどケアの期間があいてしまった場合は
クレンジングジェルなどで角栓が取り切れない場合もあると思います。

 

 

角栓は酸化がすすむとどんどんと固くなる特性があるので
さぼってしまうとその分ケアにも時間がかかってしまいます。

 

 

そう言った場合は別途クレンジングオイルも用意しておくと良いと思います。

 

 

結果的に私は日常使い用の安いクレンジングオイルと
イベント前日や定期ケア用にジェルタイプ、
そしてさぼった時用の角栓クレンジングオイルと3種類常備しています。

 

 

角栓は1回のクレンジング使用でケアする事は可能ですが
定期的なケアがとても重要だと覚えておいてくださいね。

 

 

初めての角栓ケアはオイル・ジェル・クリーム・ミルクどのタイプがおすすめですか?のまとめ!

 

 

  • クレンジングはオイル、ジェル、ミルク、クリームの4種類が人気
  • 角栓ケアにはオイルかジェルのクレンジングがおすすめ
  • クリーム・ミルクタイプは乾燥肌・敏感肌の方におすすめ
  • オイルタイプは洗浄力が高い分、お肌への負担も大きい
  • ジェルタイプは洗浄力と角栓ケア効果のバランスが良い
  • ミルク・クリームタイプはお肌に優しいが角栓ケアは時間がかかる
  • 角栓ケアは定期的に効果的なクレンジングを続ける必要がある
  • 角栓は時間が経つとどんどんと固くなる特性がある

 

 

 

ここまで簡単に角栓ケアに人気のクレンジングの種類について解説させて頂きました。

 

 

クレンジングはオイル、ジェル、ミルク、クリームの4タイプが人気となっていますが
角栓ケアにはオイルかジェルが効果を実感しやすくなっています。

 

 

中でもクレンジングジェルは角栓を吸着して除去してくれる働きがあるので
角栓が気になる小鼻や鼻の頭をとても綺麗に仕上げてくれます。

 

 

またオイルタイプは角栓ケアになじんで除去してくれるので
どうしても取りきれない場合に使用するのが良いと思います。

 

 

角栓ケアに注目したクレンジングオイルは確かに除去してくれますが
角栓穴が目立つ場合もあるので注意が必要です。

 

 

初めて角栓ケア用にクレンジングを使用される場合は角栓・毛穴対策に特化した
ジェルタイプとなるフルリクリアゲルクレンズやマナラホットクレンジングゲル、
リダーマラボモイストゲルクレンジングなどがおすすめとなります。

 

 

角栓ケアにクレンジングを始める場合のおすすめは?

  • 初めて角栓ケアを始める場合はジェルタイプがおすすめ

 

 

これらのクレンジングジェルは角栓ケアの効果も高いので1週間に1回から2回程度
ケアを続けると上手に角栓ケアを行う事が出来ると思います。

 

 

角栓ケアを検討されている方はジェルタイプを上手に利用して
気になる頑固角栓対策を始めてくださいね。

 

 

以上、初めての角栓ケアはオイル・ジェル・クリーム・ミルクどのタイプがおすすめですか?について解説を終了させて頂きます。